炭酸美容とは?

炭酸泉

医療現場や美容業界で利用され注目度が急上昇している「炭酸」。

その起源は天然の炭酸温泉といわれています。

ヨーロッパで炭酸温泉は古くから”心臓の湯”と呼ばれ、効果が高いとされてきました。

特に、炭酸発祥の地とされるドイツは温泉地が多く、バートナウハイムやバーデンバーデンは世界的にも有名で、皮膚病や健康増進のためのクアハウス(療養センター)もあります。

炭酸温泉の効果としては、血液に循環が良くなり、動脈硬化や心臓病などの循環器疾患の症状が緩和される他、冷え性、高血圧、肩こりや血行障害の改善などが挙げられます。

また、炭酸温泉に入ると、細かい泡が肌の表面に付着しますが、これは炭酸ガスの気泡で、これが皮膚から吸収されることにより血管を拡張させ、血流を良くします。

その結果、末梢神経や毛細血管が刺激され、皮膚疾患の改善にも役立ちます。

炭酸がもたらす効果

このように、炭酸ガスは医学療法にも利用されていますが、美容にも大きな効果を発揮します。

炭酸がもたらす美容効果は大きく分けて『酸素供給作用』、『血管拡張作用』、『優れた浸透作用』の3つに分けられます。

  • 『酸素供給作用』炭酸が体の中に入ってくると、酸素不足をしていると体が感じ、体の中から酸素を供給してくれる作用です。これにより末梢組織への酸素供給が増加します。
  • 『血管拡張作用』皮膚から吸収された炭酸は、周辺の毛細血管を拡張し、血流量が増えます。それにより皮膚の細胞が酸素を十分に受け取る事が出来るので、新陳代謝が活発になり肌もスベスベになります。
  • 『浸透作用』炭酸は非常に小さな分子の為、効率良く皮膚内部へ浸透し毛細血管に入り込む事が出来ます。すなわち、有効成分をより直接的に患部に届ける事が出来ます。これが経皮吸収システムです。

3つの作用が合わさると、浸透作用によって真皮層から血管へ入り込んだ炭酸ガス(CO2)が血管を広げて血流を良くし、炭酸ガスがヘモグロビンと結びつき、血管内の酸素が皮膚組織へと入り込み、酸素を取り入れた細胞は新陳代謝が活発になります。

 

ルッソロゴ

Hair Lusso は毎週月曜日、

第3火曜日が定休日です。

 

*12月は第1火曜日が

定休日になります。

LINE

友だち追加数

Facebook

福田 裕子の

アメーバブログ

小林 徳之の

ど~でもいい日記